フロントブレーキディスク

KDX125SRのフロントブレーキのディスクが存外に傷が入っていまして,交換となりました.
傷と言っても普通のブレーキ傷ですんで,寿命というやつでしょう.
今回は友人の手を借りて,というかほとんど友人まかせで作業完了.
先日のフロントフォーク換装もありテスト走行も兼ねて様子を見てもらいました.

今後の課題はハンドルバーのポジション.
オフ車の幅のあるハンドルバーがちょっと慣れなくて,ロード用のバーをつけていることもあって,グリップ位置が近いんですね.
よく言えばゆったりポジションですが,まぁ,今後ちょっと考えたいところです.
アイドリングしない.
現状はスロットルオフ時にはアイドリングというより軽くアクセルを開けている状態です.
スロージェットの番手を下げる方向でセッティングかなぁ,という判断.
ただ,冬場はゴム関係絡むところ弄りたくないですねぇ,堅いんですもの.
タイヤのゴムの劣化.
これはわかっていたことなんですけどね.トレッドは全然残っているんですが恐らく10年近くそのまんまなので兎に角要交換です.

懸念していたリアブレーキにエアは噛んでいないようです.
タイヤ交換さえしてしまえば普通に乗れるので,早々に交換したいところです.

再度売却

前述のPCE関連は売却しました.
MGCのエアガンや箱入りのまま残っていたフィギュアなんかも売却したんですが,こちらはあまり金額が伸びませんでした.
次にアクティックギア等のメカものを安心買い取りにて売却.
こちらはそこそこ.だからといって簡単買い取りが無意味に安価に設定されているといっている訳ではありません.
まぁ,アニメやゲームのフィギュアなんてのは旬が過ぎれば下がるのは当たり前でしょうし.

ノートPCも整理.
一応仕事に使っていたものもあったんで,ソースやドキュメント類のバックアップやら,メインのノートPCがトラブった時用にホットスタンバイもさせていたのですが,最近はさすがに自分のマシンで作業することもないので環境保存用にコールドスタンバイさせていたマシンを含めてヲク代行に出しました.
思っていたものが予想より高かったり低かったりですが,そこそこ良い結果になりました.
期待値が低めだったこともありますが.

そんなこんなで多少失敗しても痛くないオカネができたので,Aliでレザーのフライトジャケットを買ってみました.
仕様としてはL2Bのレザー仕様という,あまりに無意味なシロモノでAvirexのコピー風です.
「出歩ける程度にはマシか?」と「2シーズンくらい保てばラッキー」という思いだったのですが,なんかあんまりかわいげがなく,普通に着られます.
後者については,実際2シーズン過ぎないとわかりませんが,まぁ,保ちそうな感じではあります.

アンプ類入れ替え

プアオーディオの機器入れ替えと追加です.
アンプはICE Power単発のパワーアンプに更改.
これでしばらくは戦えるでしょう.

DACはS.M.S.L.のSU-8.
後からバランスアウトのHPAを入れるつもりだったので,バランスアウトありの中では抜群のC/Pを誇ると噂される同機を.
まぁ,ローエンド界隈な話ではありますが.

HPAは追加となり,これもS.M.S.L.のものでSP200.
これもローエンド界隈では有名な機種.
次はTAKSTAR HF580のバランス化改造ですが,まだ手を出せていません.
SHR940は既に両出し化の改造済みだったのであっさりバランス化できたんですけどね.

KDX 125SR

5年近く放置していたKDX125ですが,友人の友人であるyoutuber氏が修理するバイクを探しているということもあり,提供.
錆が出まくっていたフロントフォーク交換が目的です.
本当はKDX200の倒立フォークを入れるという容易なプランだったのですが,何度も確認したあげく入札したのがKDX200 I型の正立フォークというマヌケぶりを発揮・・・
KDX200 I型の三つ叉をメルカリで買い付けて,その他リプレイスパーツを取り寄せて,お任せした次第.

二度に渡る施術で無事に正立フォークのKDX 125SRを仕上げて貰いました.
んで,これのエンジンをかけようとしたところかからず・・・
キャブは清掃済みだし,キックすると灯火類は点等するし圧縮も感じられます.
数日のお休みを挟んでプラグ交換したところ,あっさり始動.

今後もうちょっとチェックした後で,フロントブレーキディスクの交換となりそうです.

艦これ 2020秋イベ前段

解放済の前段をクリアしました.
どうしても欲しかったシェフィールド堀に若干手がかかりましたが,シロッコ共々鹵獲に成功.
前段はサブ海外艦の投入程度で甲クリアできたんですが,後段はどうなるか・・・

売却

自作しまくっていたところ、ふと「ほとんどいらねぇんじゃねぇか?」とか思ってメーカー製エフェクターのほとんどを売却しました。
はじめは実店舗にもっていったんですが、半分くらいが古すぎるとか動作不良ということで買い取りしてもらえませんでした。
動作不良は大体において接点復活剤を吹けば治ったので、別に売却しちゃうモンだからこれでいいか、とオークション代行に丸投げ。
まだ全部売れていないのですが、なかなか入札のし合いになりませんねぇ。割合低価格というか、相場程度での落札が続きます。
あと、ちょっと思ったんですがメルカリとヤフヲクでは見てる層が違うんですね。メルカリでは30k前後で取引されているペダルが15k程度で落札されました。逆もありましたし、まぁ、そもそも捨てようかと思っていたような状態だったので、そんなモンかな、と。

手元に残したのはMIKU Stomp、WD-7、MS-60Bの他に倫理的に売れないくらいまで弄り回したBOSSのコンパクトが2つ、といったところです。

ゲームもいろいろ売却。
といってもPCゲームのほとんどははるか昔に処分したので、コンソール機のHW、SWになります。
一回目は主にNEO GEOのHW/SWと任天堂のROMカセット等をメインに。
これはとりあえず完了。
今は二回目に取り掛かっていて、PC-EngineのHW/SWを中心に適当にフィギュアとかも詰めているところです。
しかし、いくら簡単買い取りとは言え見積もり明細も出ないというのはどうなんでしょうねぇ。
手書きのものを写真で送るくらいはしてくれてもよさそうですが。

XigmaNAS

XigmaNASの更新.
今まで使っていたのがNAS4Freeの10.幾つという古いバージョン.
一度バージョンアップを思い立ったこともあったのだけど,bootエリアに余裕がありませんみたいなことを言われ,そのまま放置していたという経緯がある.
わかってみれば何のことはない,イメージをwriteしただけではUSBサムドライブの全領域を使ってくれていないというだけのハナシでした.
ユーザの権限にwheelを追加で付与して,sshで接続.
gpartを使ってパーティションを拡張します.
ホントならGUIツールを使ってやるところなんですが,フォーマットがBSDなので,手持ちの機器やソフトウェアでは太刀打ちできずコマンドラインでの作業となった次第です.
エンドユーザが自分一人なのでトラブっても大した影響はないのですが,復旧がめんどくさそうだし,その過程でデータをトばす可能性も皆無ではないため,余裕のあるときにやるのが良いでしょう.

パーティションを拡張後,一度リブートしました.
結構時間がかかりドキドキしましたが,無事に起動し,データ類も参照できました.
次にアップデートをかけます.
商標の関係とかでXigmaNASに変わったので,これの一番古い11.系に一度バージョンを上げてやります.
中身は同じ上,10.系から11.系へのバージョンアップは正式サポートされているので,問題なしです.
その後,stableの最新である12.1系に更新して完了としました.

ゲームサントラ

何故かゲームのサントラを立て続けに聴いてみました。
艦これ、艦これのオケ版、BanG Dream! バンドリ!の3つというか2つというか。

まず艦これのサントラ。
打ち込みを延々と聴き続けるのはかなりな苦痛だということがわかりまして。
打ち込みプラスちょっとでも人の演奏が入っていればまだいいのと、過去に聴いたPowerDoLLsは全部で2枚しかなかったもんなぁ、とか。
まぁ、個人の感想ですが、改めて一語にすれば「結構きつい」です。
ゲーム中はBGMも音声も切ってプレイしていることがほとんどなんで、飽きていたという前提もないです。

艦これオケ版。
アレンジャーが誰か知りませんが、これはかなり残念なアレンジ。
演奏は東フィルなんで、まぁ、こんなもんでしょうが。
いろいろひっくるめてダメなオケアレンジの時に私が使う言葉として「交響曲宇宙戦艦ヤマト」というのがあるんですが、そのまんまです。
時間やタレント、コストの制約といったものがキツいのかもしれませんが、Symphony Xのオケ導入とかのが全然良いと思います。Yesのオケ伴奏も名演。
感想としてはもう少しがんばりましょう、ですか。

BanG Dream! バンドリ!。
尚ゲームはプレイしてません。なんとなくバンド系ということでチョイス。
アイコンバンドのギターの音とか「あー、BOSSのターボオーバードライブとかこんな音だったよなぁ」(実際は違うんでしょうが)、とかちょっと安心する音でした。
また、見た目はメタルバンドに一番近いバンドにギターソロがないとか、アイドルバンドがなんにせよ一番弾きまくりだとか、この辺りはゲームの難度調整所以なのかもしれませんが、ちょっと笑える点ではあります。
全部を聴いたわけではないのですが、縦串で見ても横串で見ても曲自体は実は2~3曲で後は全部アレンジ違いにしか聴こえないのはきついですね。

尚、アイマスが入っていないのはもうわけわからんくらい広がっちゃっているので、360で止まっちゃってる私にチョイスしろというのがムリな話なので。

King V

初の変形らしい変形,かつフロイドローズ(タケウチ製だけど)搭載ギターを購入.
Jackson starsでも安いと思って買ったけど,まぁ,相場よりちょっと安い程度.
送料分も更に安くなっているか.

ソリッドカラーかと思ったらまたまたメイプルの突き板仕様でしたw
スタッドアンカー受けの1弦側が緩んでいたので,瞬間接着剤を使って固定.
もういいのよ,こういう処理でも.
それ以外はヘタったスプリングを交換したくらい.物珍しさと大して高価でもなかったのでステンレススプリングにしてみた.
弦の交換と,フレットボードがカラカラだったのでたっぷりワックスを吸わせてひとまず完了.
全体的なコンディションとしては,ある程度死蔵されてた感じかなぁ.

ペグが韓国製.
単純にそれだけならいいんだけど,動きが渋いのが2つほどあってゴトーに交換するか迷っているところ.ロックユニットだとペグの重要性って一段下がるのね.
後はPU.どうもインベーダーはルックスが好きじゃない.好きじゃない分このままの方がいいか?とも思えてくるのが不思議.
ムス様仕様にするとリアはJBなんだよね.
そうするとRGX-TTと同じになっちゃうんで,これも踏み切れない理由の一つ.
適当なアルニコVを使ったハムを乗せてみるのもアリかな.配線単純だし.

ピスト

というか、シングル固定自転車のハナシ。
2台とも元気に走ってくれています。
ちょっとステム回りやハンドルを入れ替えたりしていたのですが、Featherは120mmにミニブルホーン、giroは105mmにドロップありのブルホーンでとりあえず収めてありますが、やっぱりピストバーかっこいいんだよなぁ・・・

サドル位置のセッティングを間違っていたのでやり直し。
というか、何故今までこれで良しと思っていたのかわからないです。
片方のペダルを2時位置くらいにして、逆側の脚の膝の皿の位置がBB上の来るように、というところはあっているのですが、何故かこの時踵を落としていたのですね。
よって、ピストとしては最適とされる位置よりだいぶ後ろよりになっていました。
ショートサドルだと割合これでも走れちゃっていたのですが、Featherのサドルを普通のサドルに交換したところ違和感が凄くて、見直しをしていったら発覚したという次第。
がっちりペダルに体重が乗るようになりました。

次ページへ »