アニメ映画

まぁ,ツイッターに書くようなレベルのハナシですが,友人とのやりとりに使うアカウント程度しかないのでココで.

なんか宣伝とかにチカラ入っているアニメ映画は如何にも感動とかいいハナシを押しつけに来ている気がして気持ちわりーです.
ホントにいいのかもしれないですが,触る気になれません.
昔からある「大人でも楽しめる正統派アニメを」みたいな感じ.
実際のところ宮崎某のように安定したブランドを作って,オカネを回したいんでしょうが,まぁ,それを踏まえても上述の感想です.

Killing is My Business… and Business is Good! (The Final Kill)

感動するっつーのは人それぞれの積み重ねがあって,そしてそれに出会うタイミングなんかもあるんで,既に接していても改めて「感動」したりするもんです
今回はSubjectの通り.
ここ数ヶ月メンタルの調子が悪くて楽器に触るのが怖かったくらいなんですが,これを聴いてやっぱり楽器は楽しいよね,と再認識した次第です.