Wages of Sin

Iron Madenの曲は嫌いではないのですが,はじめに聴いたアルバムでのバスドラの”ぼっとんぼっとん”という音に激しい拒絶反応を起こして以来,残念ながらIron Madenのアルバムを聴かずに過ごしております.
が,Arch Enemyのアルバムのオマケに入っていたカバーを聴いて,「あ,メイデンのカバーアルバム聴けばいいんだ」と遅まきながら気づいた最近です.

WP_000076

先のエントリーでは精神病患者らしく,ぐだぐだを書いてみましたが,購入したものはコレです.
あんまり意外性もないARESのハニーバジャー(風でいいのか?)です.
リアサイトだけ手持ちがあったので,TROYのコピー品.
グレーのC-Moreレプ.
アングルドグリップは余分ではありますが,手持ちでは数少ないホンモノであるところのMagpulなので取り付けてみました.

一応一度バラしています.
WP_000036
WP_000045

ピストンヘッドはエアブレーキ仕様とかいうレビューも見たのですが,私の購入したものは通常の仕様となっていました.
エアブレーキ仕様は初速の調整が面倒だな,と思って購入しておいたElementのヘッドやピストンが無駄になるかと思いきや,予想通り気密も若干怪しかったこともあって交換します.
シリンダもアルミのちょっと不安になるようなモノだったので,P90に付けていたほぼフルレングスなシリンダに交換しました.
WP_000056

順番が前後しますが,メカボックス内は結構グリスであふれていました.
あまり粘度も高くない白いグリスです.
完全に除去せずにウェスで拭き取ってから,タミヤのグリスを塗ってやりました.
そんなんでも十分よ,きっと.
WP_000051
WP_000048
これが軽く拭き取った後の状態.
この電子制御メカボックスで何が一番嬉しいって,配線の取り回しです.
マルイ製メカボックスで極めて不安になる,モーターの回転軸の脇を電源ケーブルが這うという構造が改められているのです.
XM110もこのメカボックスに交換してやりたいくらいです

WP_000061
WP_000059
メカボックスを組み上げて余裕のある状態での写真.
メタルの軸受けがついてるのでネジ止め剤で固定しただけ.わざわざベアリング式に交換もしていない.
ちなみにグリップ固定用のパネルを入れ忘れている.
タペットプレート以外にもトリガーやスプリングガイドを受けるカラー等気をつける箇所が多く,メカボックスの貼り合わせはちょっと面倒になっています.
ちなみにピストン位置検知用のセクターギアに取り付けられている磁石ですが,結構強力です.

トリガー単体はこんな感じ.
従来電動用のアフターマーケットパーツが使えるのかしら.
WP_000062

チャンバーは同軸式のホップ調整なのは良いとしても,プラ製なのはちょっと残念.
敢えてProwin製を入れるかどうするか・・・
WP_000070
ちなみにストックのバレルはびっくりするほどチャチな代物.
どうせ交換するから,とはいえ少なくとも一応は使えるモノが入っていた方が嬉しい.
また,そのクセ310mmという,微妙な長さでもある.

モーターはマルイの30Kに交換してある.
特に問題もなく回ってくれている.
なお,バッテリースペースが問題になるこの銃だけど,以下のバッテリーなら専用品かと思うくらい綺麗に収まる.
DSC_0210

後はバレル交換とチャンバーパッキンの交換.
予備マガジンの入手.
これらについてはすでに購入済.
後はフロントサイトの交換だけど,これはまだいいか.

Tags: ,

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>