The Rockfield Files

使っていたり,使っていなかったりする比較的小型のハードウェア一覧.
タブレット編.
まぁ,こういうことを書くのは,取捨選択や新規購入対象を考えるのに有用だからなので.

Nexus7(2013)
お仕事なんかにも使うAndroidタブレット.
PCの持ち込みはアウトだけど,Androidタブレットはぎりぎりセーフという妙な,というかグレーな領域ではあるけど,Internetへのアクセスもできないとか,仕事にならないので.
パフォーマンスなんかも悪くないのだけど,Lollipop 5.1相手は若干メモリ搭載量に不安が出てくる感じ.
上述の通りお仕事なんかにも使うが,その割に趣味性の高い(といってもオフィシャルベースだ)カスタムファームウェアが入っていたりする.

U65GT
所謂中華タブ.OSはAndroid 4.4.2 Kitkat.
TAB譜を見るのに適当なものはないだろうか,とか物色していた時に見つけた.
10インチ前後で高解像度,2GBメモリのAndroid端末となると時期が良くなかったのかもしれないけど,他にあまり選択肢がなかった.
サイズに比例して若干重量増なのがつらい.
仕事場とリビングではNexus7の利用率が高く,ベッドルームではコレの使用率が高い.
やはり書籍や譜面を見るのにはこっちの端末のが全然楽なので,そういう目的の時はこれを使うけど.
また,日本語ロケールが入っていないので,MoreLocale2を入れてやらないとなかなかに不便.
また,マシンの基本体力以上の解像度を支えているためか,レスポンスも今ひとつ良くない.

Novo7 Fire
結構いろいろ改造したり修復したりして遊べた機体.
現在は友人宅に無期限貸出中.

iWork7
一時期ちょっと流行った安価な中華Windowsタブ.
ロースペックなので,艦これを生でやるのにもちょっとしんどいレベル.
ただ,あまりに取り回しの良いサイズと重量なので,簡単なWeb閲覧やOnenote,Evernoteの参照,SplashTopによるリモート接続等,それなりに重宝している.
一応Guitar Rigも動くのだけど,チャージしながらUSB Audio I/Fを接続するということができないため,稼働時間に制限アリ.

iRiver Story HD
タブレットというよりはe-INKデバイス.
楽譜の参照なんかも実はこっちのが良いのだが,いちいちコンバートが必要だったり,当然のことながらUltimateGuitar接続APもないのはディスアドバンテージというか,そういう目的の機種でもないしな.
電子書籍リーダとして自炊したものについては良いのだが,結局ネットワークでデータをやりとりできないのがちょっと面倒.
また,電子書籍の購入はKindleストアなので,必然的にKindleの使える端末にシフトしてしまうし,なにせKindleの辞書機能はなんとも便利.もっと昔からあればなぁ,と,英語の文章を読むときには痛感というかなんというか.
結論としては,遊んでいる端末となっている.

全体として,結構使い分けているっぽい.
裏を返せば1台で全部OKという機種が存在しないからなんだろうけど.

Tags: , ,

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>