イヤフォン

圧倒的にDAPで音楽を聴く時間が増えているのですが,やはり音質ではヘッドフォンだよなぁ,と思い直してはいるものの,イヤホンは割合手軽に増えるものでして.

比較的最近増やして意味があったのが,有線ではKZ AS-12,ZS-10.TRI-i3とAudiosence T-180.
なお,利便性重視でワイヤレスも適当に増えていますが,常用率が高いのはTFZ X1.まだあまり使っていませんがKZ S-1辺りでしょうか.

TRI-i3は上記ラインナップの中で一番高額なモデルですが,だらだら増えるくらいですのでたかが知れています.
はじめはメタルなんかには合わないということで買うつもりもなかったのですが,平面駆動という言葉にやられまして.
平面駆動のヘッドフォンは結構な値段するものがほとんどなので,イヤフォンなれどこの価格で平面駆動が体感できるということで購入しました.
ほかにもDDやBAが詰まってるんで,単純に平面駆動の音というわけではありませんが.
なお,合わないとされているメタルやテクニカルロックですが,低域を若干カットしてやれば楽しめます.
Voは弱く楽器には強いイヤフォンなんで,テクニカルロックやプログレには自分の聴くジャンルとしては極めて妥当な選択となりました.

KZのZS-10は4BA1DDの構成.BA+DDの所謂ハイブリッドイヤフォンの定番組み合わせです.
数回に一回は期待して買うんですが,基本的にBAの音をDDで汚してどうすんだよ,って感じで・・・
それでもまだマシな部類だと思います.たまに使いますしね.
SA-12は6BAのマルチBAというやつです.
安価にマルチBAを経験するならこれでもいいかなということで購入.apt-x HD環境経験に合わせて買いました.
評判が良いのはAS-10みたいですが,多分このAS-12も悪くないと思います.
BAの繊細な音をリッチに楽しむことができます.できますが,なんというか個人的にBAに求めているのはそういうことではなく・・・

ということでT180です.
SBAでKnowlesユニット採用.筐体はShureシリーズ系でイヤピースも流用可.
er4で十分鍛えられているので即座にShure用の3段キノコに交換.
つまりこういうのがBAに求めている,足さない引かない出音なわけです.
バランスアウトで使っているますが,これもまたよし.
これなら2BAか3BAの上位機種狙ってもいいかもなぁ・・・
てか,etyさんer4用純正バランスケーブルとか出してくれませんかねぇ.

ワイヤレスは上記以外にも低価格帯で評判の良いものを幾つか買ってはいるものの,単純にDDではなかなか心惹かれる音は難しいわけで・・・
X1はいろいろOEMがあってどこが本家なんだかわかりませんが,自分はTFZを選択.
ワイヤレスでSBAという構成は多分現在唯一の存在.
その可能性にかけてみたんですが,まぁ,ワイヤレスだしね,というのが正直な感想.
それでも使用率は一番高いので,気に入っているようです.
問題はケースで純正のイヤピースでも入らないんじゃねぇの?という余裕のなさ.さらに純正のイヤピースでは剛性が足りずSBAの低域を補ってくれる筈もないという点.
一応SpinFitのCP350のLサイズでおちついていますが,基本ケースは充電台で,充電時はケースの蓋は開けておきます.
まぁ,本体のスタンドアロンでの駆動時間が長いのと本体のみで電源のオン/オフができるので運用もとりあえずなんとかなっています.
ケースの問題さえなければお勧めできる機種だとは思うんですがねぇ.

KZ S-1.
1BA,1DDという前作に比べて簡素な作りのKZのワイヤレス.
ただ,こっちのがいいと思います.装着感だけとっても雲泥の差ですし.
ただ,今のところKZはワイヤレスに注力する気が無く,言ってみればオープンベータみたいな商品だと思います.外装や仕上げがそんな感じ満載です.
本体の厚みも厚め.バッテリー容量云々ではなく,大口径DDとBAのマルチ構成というのもあるかもしれません.
音は基本的に大口径DDの音です.
そこにBAの高域の描写が加わって,悪くないチューニングだと思います.凡庸といえばそれまでですが,数多のハイブリッドが失敗しているなか,ワイヤレスという点をさっ引いても合格圏内かと思います.