Turnabout

なんとなく久々に完成品の写真をあげておく.
モノはMad Beanのturnabout.
JHSのAndy Timmonsとも言うらしい.
所謂マーシャル系ハイゲインなペダルになるそうな.
ただ,そこまでハイゲインかというとそんなこともなく,まぁ,ディストーションだわね.
ざらっとした感じは結構好き.
別に聞き取れるわけでもないんだけど,クリッピングLEDを赤と緑にしている.

(さらに…)

Sonic Reducer

珍しく制作中のショット.

手前はSonic Reducerという自分には珍しくビットクラッシャーなんてものを組んでみた.
なお,フィルムコンを一つ付け忘れていました.

奥のは再挑戦のPitch Pirate DX.
今度はちゃんと動くといいなぁ・・・
前回「ちょっと微妙」とか書いたPitch Pirateだけど,LDR用のLEDになぜかクリアタイプの高輝度を選択していたために妙なことになっていただけでした.
今ではちゃんと動いておかしな音を出しています.

L’Araignée-Mal

久々に作成したペダル.
まぁ,DIYキーボードと前後して,なにかやりたかったというその現れ.
横に映り込んでるCS-3は過去にmodしたものなんだけど,なんか故障していた.
が,結果としてアースラインが中途半端に断線していたことと,PSAとACAの罠にはまっていただけなので,復帰.
とはいうもののギター用には自作Jungle Boxが,ベース用にはいくつかの自作コンプがあるんで,まぁ,とりあえず完動品があります,といったところか.

Little Angel Chorusという自作界隈では有名なデジタル(といってもPT2399使用の)コーラス.
デジタルコーラスとか自作する意味が果たしてどれくらいあるのかっつー話もあるけど,まぁ,単体のノーマルなコーラスがちょっとほしかったので.
LACだけど,さらにNYE Editionというのがあって,これはソレ.
また,ストックがあったこともあってレギュレータを78L05から06へと増強してみました.
これはAMZのポストにあったのを参考にしています.
全体的には普通の軽めなコーラスです.
各種modも考案されていますが,まぁ,今回の目的からは外れるので.

組曲「夢魔」

Infinity Divine

珍しくまともなギアを作成.
つーか,アルミダイキャストのケースに穴あけてジャック突っ込むだけだけど.
製造着手前はキルスイッチくらいつけようか,とかDODのAB BOX流用してジャンクション兼ABボックスにしようか,とか位相反転スイッチつけようか,とかバッファ仕込んでおこうかとか考えたのですが,それはこんどLoopセレクタでも別に作ろうということで最も単純な形に落ち着きました.

自作ペダルってのは単機能/多機能の選択も重要な点かもしれません.
とは言うもののFly Rigみたいなのを作ってみたいかもしれません.
Arduinoでメーカー並の単体マルチエフェクターは難しいですが,スイッチャー担当としては十分かと思いますので.

Infinity Divine

Agony

久々に作ったペダル.

BBOは以前に作ったものにラッピングし直したもの.
んで,新規に作ったのはここ数回続いているRATコピーで,基本的には一時期ちょっと有名になったLandgraff MO’D.
これにちょっと追加したのがコレで,よって,MO’D modという安直なネーミング.
追加内容はここ数回取り付けているFETブレンダー,それとハイカットコンデンサの値をオリジナルの3n3と10nをスイッチで選択可能にしました.
いずれもベースにも使えればいいなぁ,ということで.

しかし,久しぶりだったので,下手だった組み込みがより一層残念なことに・・・

アゴニー

Superheroes

順番が前後しましたが,以下完成したペダル.

このうち新しく作ったのはPitchPirate(アニメ版睦月ちゃんのヤツ)とCOT50.
どっちもちゃんとできたのか微妙な状態・・・
PitchPirateの方はDepthを9時未満に設定するとエフェクト音がでなくなります.
COT50の方は音はそれなりなのですが,音量が下がります.
PitchPirateの方はDelux版で再チャレンジしようかなぁ・・・

これはタナトスの6弦ベース用に作ったペダル.
本来アクティブ仕様なのですが,入手したものはプリアンプがありませんでした.
EP Boosterなんかをオンボード仕様にして載せていた時期もありましたが,ステージやるわけでもないので1Vol.のパッシブ仕様にしました.
当然出力が足りないので,ブースターやアウトボードプリなんかを挟むわけですが,ブースターとコンプを一つにパッケージングしたら便利かも,とか思って作ったものです.
別に自分で回路図をひいて作ったわけではなく,PhatPhukBとPaleGreenCompressor,JFET Blenderを組み合わせただけです.
IN – PPB IN/OUT – ブレンダーIN/SEND – PGC IN/OUT – ブレンダーRTN/OUT – OUTとなっています.

んで,ちょっと詳細.
トグルスイッチはPPBのバイパス切り替えです.
PPBはGAINノブを外だしにして,クリーンブースターとしても使えるようになっています.
GAINノブは5Kポットにして,クリーン時のコントロールをしやすくしています.なお,石は単体作成時とは違ってAC125を使用.
クリーンオンリーのブースターよりは多少楽しめる作りだと思います.
ブレンダーを仕込んだのは,前段がダーティーブースターであるからということと,単純にブレンド式のオプトコンプが欲しかったからです.
PGCの方は抵抗が一部在庫の関係でストック値と異なっていますが,まぁ,誤差範囲です.
LDRは敢えて暗部時抵抗1MΩのもの(ストックは0.5MΩ)を使い,LEDは5mmグリーンとしておそらくはオリジナルよりクセが強くなっていると思います.
これはブレンダーを搭載しているので,いくらでも補正が効くだろうということで.
あと,PGCの前段でブーストしておくとアタックの角がマイルドになるから,という理由も若干あります.

バイパススイッチとブレンダーは後から思いついたのでラッピング用のシールがイマイチな感じの収まり具合ですが,そもそもそこらへんは重視しているわけでもないので,まぁ,いいか,と.
写真撮影時は動作確認のため、グランドがチョン付けでノブもつけてませんが、今はちゃんとしてます。
というか、想像以上のかなり有能なペダルになりました。

スーパー・ヒーローズ~ADVENTURE OF RACER X-MEN

Be Gentle with the Warm Turtle

ZvexのDistortron。

またこういう絵柄になってしまったわね・・・
RATのような歪の粒が荒いディストーションのお勧めみたいなのを訊いてみたところ、これの名前が挙がってきたので。
7弦やダウンチューニング向けを想定して、Loブーストスイッチ用のローパスコンデンサの値ですが、大きい方をより大きくして1uFにしました。
嘘です。単純に在庫の関係です。
ただ多弦やダウンチューニングに向いたのも事実なので、一考に値するのではないかと思います。
また,写真ではノブがついていませんが,ちゃんとつけました.

Be Gentle With the Warm Turtle

Unleashed Memories

Glorious Basstarです.
ベース用の3バンドオーヴァードライブです.
制作前はかなり期待していたのですが,作ってみたところ,まぁこんなもんだよね,という感じです.
ベース用にはバンド別ではなく,ブレンドノブがあれば個人的には十分だと思い至ったわけです.
これはこれで他にはないモノではあるので,活用はしていきたいと思っています.

今回はちょっと試行錯誤がありまして.
まずは電源自体.
今回は自作ではなく,モジュールで売っている昇圧モジュールを使って12Vまで昇圧しています.これが一つ目.
また,内部ではICL7660Sで分圧しています.ここにICL7660を使いました.これが二つ目.
これらによってノイズがひどいと考えたのですが,実際のところ単純に楽器側の出力が低く,この本体でブーストし過ぎていた,というヲチ.
一応分圧用のICはLT1055には交換しましたが,まぁ,気持ち的な問題です.
まぁ,昇圧モジュールはSMDインダクタとかついているんで,ノイズ的には若干不利かも.

Unleashed Memories

Death of a Dead Day

中国の通販サイトで扱ってるモノを紹介するっつーのはわりかし少ないです。
一部の電脳製品くらいですかね、タブレット/2in1 PCやスマートフォンは日本語でも情報が割合豊富です。
内部コピー、外装違いのエフェクター類もそれなりですが、そういうのは国内の流通に乗ってたりヤフオク、マケプレあたりから入手されている方が多いみたい。

つまり、どう考えてもコピー品やパチもんというのを堂々と書いてるトコは少ないな、ということです。そりゃそうだ、道義にも法にも引っかかりますからね。

私も過去に書いたのは10弦ベースとかくらいです。
が、まぁ、個人運営で誰も見てないようなところだったら書いてもいいかなぁ、と思い至った次第。

抵触度が低いのは電子部品類ですかね。ICやトランジスタ類。
リファビッシュ品だったりそのまんまコピー品だったりするんですが、個人の趣味範囲なら実用範囲なものが多いです。
また、日本国内ではあまり一般的ではないけど欧米ではよく流通している型番なんかはどこまでスペックがでているかは怪しいですが、一応そのまんまを使えるっつーのはメリットっぽい感じです。

3PDTのフットスイッチや自作エフェクターに使っているアルミダイキャストケースも使っています。
スイッチについては耐久性に若干疑問符ですが、とりあえず壊れたものはないです。
アルミケースは正直なところあんまりコストメリットがないです。
1590Bで一個あたり100円安いかなぁとかいう程度な上、到着までのリードタイムが長いです。

ツマミもあんまり安くないです。
VEROボードは国内での扱いがそもそも少ないので、これも中華サイト購入ですが仕上がりにばらつきがあります。
使えないということはないですが、使いやすい/使いにくい、あるいは大丈夫っぽい/ちょっと不安くらいの差はあります。

そこそこお勧めできるのは金属製のLEDホルダとかでしょうか。

エフェクター自作関係で購入しているのは上記の品々が主。各種ICやトランジスタはモノによりますが。
ポットやジャックは流石にマトモなものを常用しています。

Death of a Dead Day

Underworld

最近完成したペダルとエントリーから漏れてたペダルを,って数個前のエントリーと同じ書き出しだな・・・

定番ブースターとしてお馴染みのACブースターとRCブースター.

ACブースターは通常(ギター用)とベース用とを内部のミニスイッチで切り替えられるようにしました.
とは言ってもACはベース用はないので,RCブースターの構成をなぞっています.
RCブースターも同じ構成にしようと思っていた(なのでラッピング用のシールがRC Boosterになっている)のですが,ベース設定のままギターつないでも別にいいなぁ,とACブースターやBBブースターを使った結果思ったのでハイパスコンデンサをベース用の10nFとしました.

Underworld

次ページへ »