Badlands

これとかBlue Murderくらいの方がWinary Dogsより全体的な質が高い気がするんだよなぁ.
ポートノイさんとビリー・シーン先生がいるんだけど,なんかイマイチしっくりこない.

先日の書き間違い.
購入したのはi7 Stylusではなくて,新しく発売になったi7 Bookの方でした.
そりゃ仕様が違うよ.
また,ピーチスキン仕様なのはキーボードの方だけで,本体背面は普通にアルマイト仕上げ.

なお,放熱が良くないらしいので,それに対応したハードハックがあります.
材料がそろい次第,やってみようと思います.

Badlands

Himlabacken Vol.1

手持ちのOnda V919 Air Chが不調.
それほど多用していたわけではないが,使っているデバイスがなくなるのはこれまた不便.
それと,クライアントとして使った場合のAtom系列のかったるさも気になっていたため,これを機にCore M機を物色.

なんとなくCubeのi7 Stylusに着地.
ハード構成が刷新されたのか,石がCore m3-6Y30です.
以前見た時は前世代の石を使っていたと思うのですが,勘違いかもしれません.
また,e-mmcでなく,SSDなのも良い点でしょう.

EMSとDHLとの差額がなかったので,DHLで.
さすがに早く届きました.
あまり興味はなかったのですが,キーボードとセットで買ってみました.うまくいけば仕事でも使えるかな,ということで.
なんだかんだで未だにX201sを重宝しているのですが,まぁ,こっちのが全体容積小さいしね.

全体的な質感はThinkpadにあったようなピーチスキンっぽい感じ.イマイチ耐久性が不安ですが・・・
また,中華の中では比較的高級機となるだけあって,全体的な仕上がりは安っぽくないです.
レスポンスはまぁ,こんなモンかな.
初代Surface Pro.と同等くらいを想定していたのですが,それよりは若干落ちる感じ.
その分バッテリ保ちは良いです.
あと,TFカードへのアクセスがちょっとかったるい.
一応テンポラリなんかをソッチに逃がしているので,全体的なパフォーマンスの悪化につながっているかも.
艦これが問題なく動くのは良いですw

あとは思ったより大きい,重いです.
Surface Pro.初代よりはマシなんですが,やはりAtom系列とは違います.
放熱に難があるようなので,程度次第では対策しようと思います.

専用キーボードですが,タッチパネルのタップ判定が微妙です.
閾値が高くとられているような感じで,一回目のタップを取りこぼしている感じ.それ以外はサイズ相応でしょうか.
わざわざ英字キーボード入手の算段をしなくて済むのが良い点です.

当然といえば当然かもしれませんが,デジタイザはSurface Pro.のものが使えます.

350USドル程度で入手できるCore-M機としては全体的に満足できる内容です.

Himlabacken Vol. 1

Nowhere

若干の買い物依存っぽいものが頭をもたげてきたというか,お買い物の際に悩むのが面倒くさくなってきています.
例えば先日組み上げたフォトジェニックのムスタンガーのピックアップも,いつもなら適当な中古か安価なモノを選ぶんですが,そこらへんが面倒くさくなって,Duncanのクォーターパウンドとかっつーことになったり,ついでとばかりにAttitude SP用のPB型のクォーターパウンドも買っちゃったり.
まぁ,リプレイスメントピックアップの中ではかなり安価な部類であることと,見た目にも品がなくなり,極めてC/Pに優れたモノであることは付記しておきます.

そんななか,本日ご紹介するのは唯一といってもよい,無線(BT)で英字かつポンティングデバイスも搭載して,ちゃんとした製品であるところのLenovoのワイヤレストラックポイントキーボード.
だいぶ前から気にはしていたのですが,微妙に実勢価格が高めであることもあって手を出しかねていたのですが,このたび購入に至りました.
タブレットというか,Surface Pro.初代用のキーボードとして,ポインティングデバイス付きの無線キーボードはいろいろ見ていたのですが,なかなかコレというものがありませんでした.
キーボードカバーというのが,普通の選択だとは思うのですが,タブレットをノート風に扱うのであれば,キーボードと画面を離して配置できるというのが自分の思うメリットの一つでもあるので,わざわざくっつけて使うというのはバカバカしいとさえ思ってしまうのです.
一度適当なトラックパッド付きの英字BTキーボードも買ったのですが,適当なものはやっぱり適当でして,もうちょっと精度のよいものが欲しくなるのは世の常でございます.

従来のトラックポイントキーボードと異なり,アイソレーションキーになっているのが面白くありませんが,なかなかに結構なものでございます.
もっと早くに買っておくべきだったとかまでは思いませんが,ソンな買い物ではありませんでした.

レノボ・ジャパン ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード - 英語 0B47189

Nowhere

Emergent

先のエントリーで書いたChuwiのHi8ですが,なんとなくWindows10にしてみました.
ちょっといろいろやっていたところ,Android領域がなくなりました.
そもそもどうやってこの領域を潰そうかな,と思っていたところなのでこれは結果オーライです.

手順としては普通に32bit版のWindows10 InsiderPreviewをダウンロードして,インストールします.
ドライバ類が全然有効にならず,8に戻したり10にしてみたりを繰り返していたところAndroid領域がなくなりました.

ドライバ類の導入ですが,ここから一式ダウンロードしておきます.
別途,Double Driverというユーティリティを取得しておきます.
Windows10をインストール後はタップが誤爆連発なので,ポインティングデバイスやキーボードは繋いでおきます.
Double Driverでドライバーをrestoreします.
Chuwi Hi8 Touch installerの方は展開後,コマンドファイルを管理者権限で実行します.
SileadTouch Files For Chuwi Hi8の方は展開後,readmeの通りSystem32ディレクトリにコピーします.
再起動すると,一通りの機能が使えるようになります.
Windows10はUI系が結構変わっていて,ちょっと戸惑います.

Line6のGXが給電ハブのせいもあり,思うように使えないのが今の難点です.

Emergent

Black Widow

インカムなくなるなぁ,とか思いながらそうなる前に注文したCHUWI Hi8が到着しました.8インチでFHDで送料込みで15kというのはマズマズのC/Pではないかと思うわけです.
iwork7でもよいのですが,もうちょっとパフォーマンスの良さそうな小型のWindowsタブレットが欲しいと考えていたのと,上記のようにまずまずのC/Pだったので.

起動するとAndroidの方が起動します.
Androidの日本語化は簡単で,メニューから選択すればよいだけです.
Windowsへの切り替えはステータスバーの右側のメニューに「Switch OS」とかあるので,それで切り替えできます.
Dual OSって初めてだったので,ここで拘泥しました.

Windowsの方は一度リセットして,Englishモードでリストアします.
その後に日本語パックのダウンロードやセットアップをします.
チェック,インストールともに結構時間がかかります.ほっておきましょう.
「管理」タブの「システムロケール」も日本語に変更しておくことを忘れずに.

とりあえず本日はここまでかな.

Black Widow

The Rockfield Files

使っていたり,使っていなかったりする比較的小型のハードウェア一覧.
タブレット編.
まぁ,こういうことを書くのは,取捨選択や新規購入対象を考えるのに有用だからなので.

Nexus7(2013)
お仕事なんかにも使うAndroidタブレット.
PCの持ち込みはアウトだけど,Androidタブレットはぎりぎりセーフという妙な,というかグレーな領域ではあるけど,Internetへのアクセスもできないとか,仕事にならないので.
パフォーマンスなんかも悪くないのだけど,Lollipop 5.1相手は若干メモリ搭載量に不安が出てくる感じ.
上述の通りお仕事なんかにも使うが,その割に趣味性の高い(といってもオフィシャルベースだ)カスタムファームウェアが入っていたりする.

U65GT
所謂中華タブ.OSはAndroid 4.4.2 Kitkat.
TAB譜を見るのに適当なものはないだろうか,とか物色していた時に見つけた.
10インチ前後で高解像度,2GBメモリのAndroid端末となると時期が良くなかったのかもしれないけど,他にあまり選択肢がなかった.
サイズに比例して若干重量増なのがつらい.
仕事場とリビングではNexus7の利用率が高く,ベッドルームではコレの使用率が高い.
やはり書籍や譜面を見るのにはこっちの端末のが全然楽なので,そういう目的の時はこれを使うけど.
また,日本語ロケールが入っていないので,MoreLocale2を入れてやらないとなかなかに不便.
また,マシンの基本体力以上の解像度を支えているためか,レスポンスも今ひとつ良くない.

Novo7 Fire
結構いろいろ改造したり修復したりして遊べた機体.
現在は友人宅に無期限貸出中.

iWork7
一時期ちょっと流行った安価な中華Windowsタブ.
ロースペックなので,艦これを生でやるのにもちょっとしんどいレベル.
ただ,あまりに取り回しの良いサイズと重量なので,簡単なWeb閲覧やOnenote,Evernoteの参照,SplashTopによるリモート接続等,それなりに重宝している.
一応Guitar Rigも動くのだけど,チャージしながらUSB Audio I/Fを接続するということができないため,稼働時間に制限アリ.

iRiver Story HD
タブレットというよりはe-INKデバイス.
楽譜の参照なんかも実はこっちのが良いのだが,いちいちコンバートが必要だったり,当然のことながらUltimateGuitar接続APもないのはディスアドバンテージというか,そういう目的の機種でもないしな.
電子書籍リーダとして自炊したものについては良いのだが,結局ネットワークでデータをやりとりできないのがちょっと面倒.
また,電子書籍の購入はKindleストアなので,必然的にKindleの使える端末にシフトしてしまうし,なにせKindleの辞書機能はなんとも便利.もっと昔からあればなぁ,と,英語の文章を読むときには痛感というかなんというか.
結論としては,遊んでいる端末となっている.

全体として,結構使い分けているっぽい.
裏を返せば1台で全部OKという機種が存在しないからなんだろうけど.

Coast To Coast

Kindleコンテンツというか、そもそも電子書籍を初めて購入してみました
購入したモノはお察しですが。
しかし、なぜKindle版はカートに入れてまとめて購入できないのでしょうか。
まぁ、単価と数量の概算程度は出してから購入したんですが、合計金額がわからないっつーのはちょっと不安です。
一冊ずつ容易に購入できるのがメリットかもしれませんが、ショッピングカート方式もつけてほしいと思ったわけです。

艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(1) (ファミ通クリアコミックス)

艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 壱 (角川コミックス・エース)

The Q-Music Sessions

嬢メタルが続いて,これはWithin Temptation.

Nexus7(2013)KKですが,USBストレージのマウントができません.
ケーブルやストレージ自体を疑ったのですが,結局のところそういう仕様になったらしいです.
一応そういったAPを使えばアクセスできるらしいのですが,なんかできる筈のことができないということにちょっとばかりイラっとして,いわゆるCFWを使ってみました.
以前rootedした際に基本的なことは完了しているので,今回はほんとにインストールアーカイブを用意してライトするだけです.
極めてどうでもいい話ですが,リライト可能なのに「焼く」という表現はいかがなモンだろうと思うわけです.

ちなみにUSBストレージをマウントをしたいと思った理由はお仕事上の話です.
他の現場に出てて前の現場から問い合わせが来て,それをその場で確認できたら良いだろうな,ということで.
現場入りしてて,この手のデバイス持ち込めるっつーのはどうよ,という感もありますが.

評価の高いPSXやPLSXはUSBストレージのマウントができないので,目的に合いませんでした.
今度は毎度おなじみのXDAの方を見てみて,Slim Katというのを入れてみたら,ちゃんとマウントできたので,これを使うことにしました.
また,これについてくるパイインターフェイスで,円が二重になっているのは大変使いやすいです.
Gravityboxとかでも取り入れてほしいです.

やはりユーザ数が多い上にリファレンス機種とあって,いろんなハックがされています.
そこでカーネルも入れ替えてみました.
まぁ,これもインストールアーカイブを用意してライトするだけです.
使ったのはElementalX.
単にやってみたかった以上の理由もないのですが,一応オーヴァークロッキング可能なカーネルですので,1890MHzまで上げてみました.
基本的には家で使う端末ですし,大き目のモバイルバッテリーも購入したのでという背景もあるのですが,そもそも20%程度は誤差の範囲だよな,と66MHzとか100MHzとかを過ごしてきたオールドタイプは思ってしまうわけです.

とりあえず上記のコンビネーションは安定して動いています.

ANKER Astro M2 7800mAh モバイルバッテリー 2USBポート同時充電 iPhone5S 5C 5 4S / iPad Mini Retina / iPod / Xepria / Galaxy / Android / 各種スマホ / Wi-Fiルータ等対応大容量かつコンパクト105 x 60 x 23mm (日本語説明書付き) Astro M2

TOMORROW WE DIE ALIVE

Androidタブについて.

Nexus7を買いました.
2013モデル.
購入理由は安定した7インチ程度のタブレットが欲しかったため.
デキについてはさすがに今まで使用していたFireとは比較にならないほど良好.
液晶の表示品質も良好.

なのだが,rootとるのがちょっと面倒.
面倒というほどではないかもしれないけれど,一発でrootedできるようなアプリケーションなりブートローダへの細工なりが標準でついてても良いのじゃないかと思う次第.
それと,どうもCIFSマウントができない様子.
標準機なんだからおかしなところ省くのはやめて欲しかった.
そもそもストレージの増設もできないのもアレだと思う.
そのまんまで使えることがメリットだと思っていたのだけど,その点についてはどうにもアテが外れたようで,適当なCFWなりなんなりを使うことになりそうです.

さて,そのAinol novo7 Fire.
CM11系がとにかく起動しなかったので,feiyu_modを入れていたのだけど,先日勝手にリセットがかかってしまい,初期状態になってしまった.
こんなことがあったりしたので,上記Nexus7を購入したのだけど,使えるタブレットが手に入ったということで,またCM11を焼いてみた.
片手間に何回か相手をしていたら無事起動w
まぁ,いいんだけどさ.

しかし,実際の使い勝手とは別でFire使う時のが楽しいのは不思議.

Fire And Ice

中華パッド(ainol novo7 fire)の液晶パネルを交換しました.
ガラス面にクラックを入れてしまい,実用上はあまり問題なかったのですが,ebayに交換用部品が出ていたので折角なので赤い扉を選んだ次第.

ついでにWiFiアンテナの交換も行いました.
参考先と同様に日立製.
結果としてはどちらも問題なく完了.

以下,細かい点.
もともとはtm製のパネルでしたが,交換してからも問題なく使えています.
現在のファームウェアはCM10.
液晶の交換をするには,両面テープでがっちりとくっついている液晶面とプラ製のフレームをはがしてやる必要があります.
カッターの刃を入れて,ゆっくり対処します.
液晶の取り付けはもともと貼られている粘着剤をはがして,両面テープで処理しました.
フロントカメラの穴で位置決めをしてやればよいでしょう.

次ページへ »