The Origins

Xiaomi Mi Max 2到着.
まだあんまりカスタムROM出てないんだねぇ・・・
Unofficialだけど,普通にLineage OS入れたらなんか不安定.
だましだまし使ってたんだけど,こういうもんってそう使うもんじゃないよなぁ,ということでMIUI Proという東欧カスタムのMIUI中国版を入れてみた.
使い始めて間もないけど,これは結構安定している.
またフェイシャル・レコグニション,つまりは顔認証も備えていたりする.
IPhoneほどの精度は出ていないけど,まぁ,そこそこ使える.

ただ,日本ロケールが入っていないので,久々にMore Locale2のお世話になる.
それと,SUバイナリだけど,最近主流のMagiskではなくトラディショナルなSupersuが入っているので,そのままライトするとMagiskモジュールが使えない.
一応Magiskにもできるようだけど,とりあえずそれなりに使えているのでそのまま.

ホーム画面とドロワーさえどうにかなれば大体のカスタムROMの差異は小さなものだと思っているけど,MIUIの設定画面は独自過ぎるねぇ・・・

Origins

Epitaphs

中華買い物ログ.

BT接続でメカニカルキー搭載のキーボードが到着.
概ねこんなモンかと.

・良くないところ
HHKに慣れちゃってるんで,あんまりフェアじゃない点もありますが,一部のコンビネーションキーが使いにくい.
特に日本語入力の切り替えに左側のAltを使えないのは気持ち悪い.
あと,カタつきますw
これは適当なスペーサーでも貼れば解決しますが,なんつーか,大手メーカーって凄いわね.

Epitaphs

A Little Nonsense Now And Then

ちょっとメモだけ.

先日CircusMaximusのDVDを入手しそびれた,とか書いていたのですが,発売前でした.
先日めでたくリリースされ,一度観ました.
ベースがDingwallのファンドフレット搭載のモデルになってますね.
Low-Bを37インチくらいまで持って行けるのであればファンドフレットの価値もあるなぁ,と思っているのですが低域側は何インチなんでしょうね.
先日,35インチでドロップAにしようとしたのですが,少なくとも今のゲージでは実用に向かないというメにあったので.

スマートフォンを2台ほど購入.
はじめはUlefone T1だけだったんですが,これがなかなか届かない上,SnapDragonのメモリ6GBはどんなだろうなぁ,とか思ってCoolPadのPlay 6(Cool 6 Playが正しいのか?)も買ってしまったのでした.
問題なのはいずれも新しい機種なので,Rootedの方法やCustom ROMが皆無な点.
Play6はなつかしのMobile Networkによるバッテリードレインが発生しているため,ついでにMVNOのSIMのうち1枚をSMS対応に切り替えました.
SIMは未着.

なぜか突然ゲームにはまりました.
スマートフォンのNeed For Speed,No Limitsというやつです.
それよりXBOX360(w)のアンダーカバーやれよって話ですが,携帯機のゲームってのは気楽なので,今のような状態でもなんとか手を出せるのです.
レビューとか結構ムチャを書かれていますが,チート対策がザルな点を除けばまずまずだと思います.
無課金であれば時間はかかります.でも,大抵の場合この手のゲームは時間を課金で買うようなモンですから,そんなもんでしょう.
イベントは正直なハナシ,もうちょっと緩くしてもらえると無課金でもチャレンジのしがいがあるんですけど.
まぁ,イベントで欲しい車が出てきたとき用にゴールドを貯めておいて,スキップしまくってクリアというのもアリなのかな.

スタートリガーというのもちょっとプレイを開始したんですが,さすがに時間がなくなりすぎるので,これはタマにちょっとやる程度です.

A Little Nonsense: Now and Then

The infinite wonders of creation

中華商品情報.

ぼけっと中華通販サイトを「BJD」のキーワードで眺めているとそこそこ安価な価格で販売されているのに気が付きます.
BJDはBall Joint Doll,まぁ,球体関節人形の略です.

ただ,レジン製は日本でも海外でもリアリスティックなものが好まれているらしく,私の好きなある程度デフォルメされているもの(具体的にはののやりおとか#13とか)はほとんど見当たりません.
ただ,値段には惹かれたので買うたやめた音頭を踊っていたところ,ちょっと毛色の違ったものが目に入りました.
基本的にボークスのコピーが多い中,ユノアのコピーがありました.
リアリスティック系はあんまり得意ではないのですが,これはこれでいいなぁ,と思ってとりあえずカートに放り込んだ次第.

ここ最近は体調が悪く,それ故ローカルマネーが不足気味,さらにメイクなんかの作業も手が滞りがちになるのは目に見えているので,しばらく購入まで至らなかったのですが,まぁ,なんか張り合いができればなぁ,ということでチェックアウト.

口元がオープンとクローズの2種類,ボディも2種類,メイク有無の選択.
ボディとメイク有無は選択式ですが,ヘッドは2つ購入できるのでそんな風にしてみました.

本物のユノアがどんな状態なのか知らないのですが,上記の品はパーティングライン処理済み(しかもかなりよい状態)で,ボディはゴムなんかも通してあり,完成状態.
フェイスとヘッドはマグネットで固定される仕組みです.
ドールアイは2セット付属でウィッグはありません.

さて,メイク頑張ろう・・・

The Infinite Wonders of Creation

Take It Like A Man

Luminoxの中華パチです.
ちょうどトリチウムカプセルをなくしたような概観.
なのはいいんですが,それ以外はさすがにそれなりです.

ベルトは値段ナリのものだったので交換してます.
裏ブタもスクリューバックではなく,コジアケを使って開け閉めする方式.
おそらく中華のいい加減コピーというかパチものはこの方式が多いんじゃないかと思います.
それを考えるとS-Shockは結構マシな部類かと.
ボディはなぜか金属製.多分適当なダイキャストだと思われます.強度とかを考えると樹脂製より安価に済むんですかね.

Take It Like a Man

The Future In Whose Eyes?

さて、中華パチの話の続き。

S-Shock。
正々堂々パチものです。
なんつーか、コピーではなくてパチモンというところになぜか惹かれてしまい一つ購入しました。
ここまでごてごてしたG-Shockはないよなぁ、とか思ってS-Shockを一つ買ったのですがでてました・・・
私なんかよりよっぽどリサーチ能力高いですw
適度な安物感とそれなりに良さそうな見た目で、まずまずな一品(逸品ではない)。
おかしいのはついていない機能でも、コピー元についている文言はちゃんとついているところ(タフソーラーとか電波とか各種センサーとか)。
そこそこ気に入ったので、別モデルを選んで友人へのプレゼントにもしました。

you tubeなんかでみるとアメリカの極めて一部で静かなブームらしいです。

なお、カシオですが、AショックからZショック、A-ShockからZ-Shockまで商標登録済みです。

現在到着待ちなのはLuminoxパチの腕時計と45cm級のドールです。

ザ・フューチャー・イン・フーズ・アイズ?【日本盤ボーナス・トラック収録/日本先行発売】

 

Death of a Dead Day

中国の通販サイトで扱ってるモノを紹介するっつーのはわりかし少ないです。
一部の電脳製品くらいですかね、タブレット/2in1 PCやスマートフォンは日本語でも情報が割合豊富です。
内部コピー、外装違いのエフェクター類もそれなりですが、そういうのは国内の流通に乗ってたりヤフオク、マケプレあたりから入手されている方が多いみたい。

つまり、どう考えてもコピー品やパチもんというのを堂々と書いてるトコは少ないな、ということです。そりゃそうだ、道義にも法にも引っかかりますからね。

私も過去に書いたのは10弦ベースとかくらいです。
が、まぁ、個人運営で誰も見てないようなところだったら書いてもいいかなぁ、と思い至った次第。

抵触度が低いのは電子部品類ですかね。ICやトランジスタ類。
リファビッシュ品だったりそのまんまコピー品だったりするんですが、個人の趣味範囲なら実用範囲なものが多いです。
また、日本国内ではあまり一般的ではないけど欧米ではよく流通している型番なんかはどこまでスペックがでているかは怪しいですが、一応そのまんまを使えるっつーのはメリットっぽい感じです。

3PDTのフットスイッチや自作エフェクターに使っているアルミダイキャストケースも使っています。
スイッチについては耐久性に若干疑問符ですが、とりあえず壊れたものはないです。
アルミケースは正直なところあんまりコストメリットがないです。
1590Bで一個あたり100円安いかなぁとかいう程度な上、到着までのリードタイムが長いです。

ツマミもあんまり安くないです。
VEROボードは国内での扱いがそもそも少ないので、これも中華サイト購入ですが仕上がりにばらつきがあります。
使えないということはないですが、使いやすい/使いにくい、あるいは大丈夫っぽい/ちょっと不安くらいの差はあります。

そこそこお勧めできるのは金属製のLEDホルダとかでしょうか。

エフェクター自作関係で購入しているのは上記の品々が主。各種ICやトランジスタはモノによりますが。
ポットやジャックは流石にマトモなものを常用しています。

Death of a Dead Day

« 前ページへ