Weightless

携帯電話関連をXperia ZRとXminiにして数日.
なんか,電話での声の通りがずいぶん良いらしいです.
やっぱり電話は電話に任せるべきか.
しかし,スマートとは呼べない形態ではあります.

IS12Tが,なのかWPが,なのかはわかりません(なにせこれしか出ててない)が,簡単な設定でパケットを漏らすことなく,つまり電話として利用可能らしい.
具体的に言うと,「設定」>「携帯ネットワーク」>「データ接続」をオフにするだけ.
SMSは送受信できることと,キャリアメールはXperiaの方で送受信できるので,PCとの親和性が高く,そこそこの操作領域を持った携帯電話として良さそうです.
傍目からはスマートフォン2台運用という,極めてスマートという言葉からはほど遠く写るでしょうが.

こういう背景において,IS12Tでスケジュールくらいは確認できると便利だろうとは考えます.
そうなると,多少はGoogleカレンダーとOutlookカレンダーのと比較という概念が首をもたげてくるわけです.
そもそもスケジュール管理を含め,所謂PIMというジャンルはOutlook 2010上で行っているので特にGoogleカレンダーに対するこだわりもなく,まぁ,そのうちLightningでOutlook(これはWebサービスの方)なりOffice365なりを利用できるようにもなってくるでしょうから,ちょっとだけ脱Googleしてみます.

WPは特に何をすることもなく.
AndroidはOutlookを入れて,ジョルテの参照先をOutlookにしてやれば良いだけです.

ただ,今回用にOutlookのアカウントを新しく作り直したので,ちょっと混乱.
今Outlookのアカウントを取得すると「outlook.jp」になります.
ちゃんと見ていなかったのでOutlook2010の設定をするとき軽くハまりました.
昔は「outlook.com」だったので.
また,IS12T自身もこれに対応できていなく,手動で設定するか,outlook.comのアカウントをエイリアスで用意して対応する必要がありました.
これはちょっと残念な状態.

ざっと書いてみるとこんなところで.

Storm Corrosion

AndroidにおけるAmpacheクライアントは自分の使い勝手にあうものがないということがわかりました.
あと,いずれにしてもAP起因ばかりではなく,不安定でもあるのでしばらく本格運用はムリっぽいです.
LTEとかになれば違うのかなぁ.最近3Gは遅いような気がします.
あと,私鉄とかより地下鉄の方が人為的に基地局が設置されているため,接続が安定しているという,この微妙な状況.

そんなわけでIS12Tにまた端末を戻してGroovoosterをもっかい試してみようと思います.
IS12SのままGoogle Play Musicをそのまま使えば良いという話もありますが.

こんな風にいくつか試していますが,やはり「ローカル持ちに限る」という結論を出したいだけかもしれません.
ストリーミングなしになれば980円SIMとフィーチャーフォンとの2台(ないしそれ以上)体制にして,いくらか通信費を圧縮できそうですから.
もっとも,そのための初期投資がそこそこかかりそうというのはあったりしますが.

結果

Groovoosterもやっぱり切れまくりでダメ.
ということでとりあえずIS12Sに出戻りです.

Weightless

前述のソフトウェア2つの補足.

まずIS12Tだけど,WP7.5じゃないね.7.8.
今の所書いていた以外の不満といえばQuickPay使えないことかな.
思ったより電子通貨に依存していたのね.

Ampacheは時折不具合出しながらもそこそこ使えています.
ただ,ビットレートがデフォルトだと低すぎるので,とりあえず192くらいまであげています.
再生にはBTを挟むから,あんまり上げても意味がありません.

Shall We Descend

WordPressがファイルアップロードでエラーになるよ.
設定の問題かDBの問題か・・・

それを放置したままAmpacheをインストールしてみた.
その前にいろんなもののパスワードを忘れてて大変だったけど,まぁ,それはおいておいて.

typoっぽい名前から名前だけは知っていたんですが,今まで手を付けていなかった範囲です.
ストリーミングサーバというか,オンデマンドのストリーミングサーバというか.今までは選曲して聞くならmpd,垂れ流すだけならicecastという風にしていたので,オンデマンドストリーミングというのは中途半端な存在だったわけです.
なんとなくIS12T用にアプリを探していたらAmpMというアプリが目についたので,ちょっと使ってみました.
クラウドからの音楽再生と言えばGoogle Music Playなんてのもあるわけですが,WP用APはとにかく遅いのよ.
んで,AmpMはどうかと言うと,結構な曲数入れておいても割合まともに動きます.
まぁ,やたらと選曲しにくくなるけどさ.

通勤中に音楽聞いてるってのは,アクティブ耳栓的なところもあるんで,音質には目をつぶっています.
周囲のノイズもあるし.
利便性と音質だったらある程度までは利便性に倒れる程度ではあるんだけど,それでも一線はあるので,ロードテストしてから継続使用するかを決めようと思ってます.

ちなみにインストールや設定については極めて容易な上,そこそこ説明サイトもあるんで割愛.

 

Weather Systems

先日到着したIS12T(マゼンタ)。
これでIS12Sのリストアが捗る、ということでIS12Sを初期化しつつWP7.5を使用中です。
んで、思ったんですが、いいね、コレw
サイドロードの制限きつすぎるとか、マーケットも寂しいとか、WM6.5時代には普通に使えていたVPNが無くなってるとか問題はいろいろあります。
しかし、なんというか、「スマートフォンって、こんなもんじゃねぇの?」という感じで、ちょうどいいです。
ネットを見られるけど、専用ページが設けられているようなAndroidほど見やすくもない。
利用できるネットサービスもあるけど、できないものも少なくない。
動画や電子文書も見られなくはないけど、常用するほどではない。

これらを中途半端と考えるか、あくまでも簡易的に可能であるから良しと考えるかという、結局は個人の価値観に帰依するところではあると思うので、ヒト様には勧めづらいものであることは間違いないですけど。

流石にネット接続もままならないような現場で作業をするとなると、容認されるぎりぎりまでのハイスペックというかパフォーマンスをもつ端末を選択したいです。
ただ、自分のPCとかタブレットとかを自由に使える環境だと、そういう端末とではなんというか領域が重複するんですね。
それを余裕ととるか無駄ととるかは人それぞれだと思いますが、自分の場合はなんつーか、この端末はちょうどいいポジションにあると思います。

また、WP7.5ですが、WM時代から引き続く文房具っぽい安定感も継続中.
ここら辺の安心感は不思議です.
端末のスペックなのか,そrとも実際に3Gネットワークの速度が問題なのかわかりませんが,toodledoやgtaskのロードが遅いことを除けば大変気に入っております.
本当にNokiaの端末買うかな.

Ghosts of Loss

手元の資産を活用しようプロジェクトがいくつか走っていて,それのうちの一つがコレ.
というわけでIS12Tをオークションで購入しました.
前後の言葉がつながっていないような気もしますが,一応経緯というものがあります.

個人事業主に戻ったから,というか昨今の状況では携帯電話なしでは仕事になりません.
そんなわけでフィーチャーフォンをバックアップで用意してはあるのですが,さすがにそこそこ常用に耐えるスマートフォンも代替機を保有しておいた方が良いのではないか,と先日仕事に行く前にボスからの「携帯壊したんでショップ行ってくるから,先に打ち合わせはじめといて」という電話を受けてから思ったわけです.

しかしバックアップを用意するとは言え,あと半年程度で今使っているIS12Sも2年を迎えるわけで,そのままバックアップ入りしてもらうことも鑑みるとそこまで本気なモノをチョイスする必要もないわけです.
また,一応IS02という,これはこれで優秀な端末が手元にあるはあるんですが,さすがに昨今の事情から難しい立場なのです.

はじめはRazrでも,とか思ったんですが,大体10kを超えるラインで落ち着いているご様子.
まぁ,手を出せない範囲ではないわけですが,なんだかなぁ,という気分にはなりまして.
そこから紆余曲折ありまして,なんとかIS12Tに落ち着いた次第.
いっそのことLumina買うか,とかわけのわからない方向に進みそうだったんですが,あくまでも予備機の入手ということで.
980円SIM運用とか考え始めたら改めて検討しようと思ってますが.

写真くらい貼ろうと思ったんだけど,面倒なのでテキストのまま公開.