ネットワークHUB

プライマリで使用していたネットワークHUBが連日の猛暑にて動作が極めて不安定に・・・
GbE対応HUBが安価になってきた頃の製品なので大分働いて貰っていました.まぁ,ジャンボフレーム対応とかいうのが時代を感じます.
そもそも動作時には随分高温になっていたモノでもありますので,製品寿命ということで交換.

なんとなくNetgearの製品を選んで交換しましたが,驚くほど熱を持ちません.
これも省電力化と高効率化のたまもの,つまりは技術の進歩です.
しかしブランド厨の私としてはCISCOという選択肢をうっかり忘れていたのは痛恨の極み.
今回購入した8ポートHUB程度であれば3倍程度のお値段で買えたんですね.

無線LANステーション

日本国内では一応10mW(10dBm)で規制されている無線LANステーションの出力.
海外製ならもっと大出力なモデルが容易に入手できる.
のだが,いくつか調べたりした内容.
勿論法を犯すことを推奨しているわけではない.

海外製とは言え,さすがに数W単位の強力なモデルは安価ではない.
以前,一般的に入手可能なモノでそんなのが出ていたが,それなりにお値段がしていた(といっても数百ドルくらい)のと,家庭内に置くようなサイズ感ではなかったと記憶している.
違法CB無線で脳が煮えるほどの出力,とかいう嘘か誠かわからんようなハナシもあったけわね.
なお,Wikipediaなんかを参考にすると国内の一般的な携帯電話の出力が200mWから800mWくらいらしい.

んで,免許不要な電波局の出力上限が国内では過去に引き上げられているが,無線LANは当てはまらないということになっており,日本メーカーが国内向けに出しているモデルは過去と変わらず10mWのまま.
これをアンテナ形状や本数なんかでカバーして,使用感を向上させている.
一方アメリカではこの類いのモノの上限が100mW(20dBm).
で,まずハードウェア側のハナシ.
日本メーカーがアメリカでも販売しているケース.Buffaloとか.
当然ながらそれぞれの事情に合わせて作り分けているわけではなく,ファームウェアで出力を制限している.

さて,それではソフトウェア側のハナシが二つ.
一つ目.
モノによってはアメリカ用の製品のファームウェアを国内で流通しているモデルに上書きすることが可能.
すると,出力もアメリカ仕様となる.
二つ目.
DD-WRTないしOpen WRTなんかのオープンかつ多機能なファームウェアをライトした場合.
この場合,出力はアメリカ基準というか,100mW(20dBm)で頭打ちになる.
一応設定ファイルなんかでその上限を超えた指定は可能だけど,もっと根っこの方で制御しているらしく,ハードウェア側で余力があってもこれが基本的には上限らしい.
# つまりモノによっては対応しているものがあるかもしれない
まぁ,Viva Americaってこった.

そんなわけでDD-WRTなんかをライトするような層的には,海外製の微妙に高出力なモデルを調べて買うより,DD-WRTなんかが対応している国内モデルを買っても体感的には変わらないというオハナシ.
まぁ,ようやく自宅環境を11acに対応させた程度くらいで,取り回しもなにも結局変わらないままという状況です.

ルード・アウェイクニング

The Forgotten Goddess

tumblrとかにでもおいておけば良いんだろうけど,なんとなくこっちに.

RPiで作るtorブリッジ.
リンク先にもあるようにOnion PiからWiFiルータ部分を除いたもの.
https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=36&t=54183
https://raspberrypi.stackexchange.com/questions/9430/simple-tor-gateway

Forgotten Goddess

Moments of Clarity

しばらく前にまとめようと思っていたのですが,なんか綺麗にまとまらなかったので,とりあえず分.

CentOS硬ぇという話。
但し、以下は開発サーバだから場当たり的に対処して可能だっただけで、ちゃんとしたサーバ構築でやったらマズいことも多々含まれている。
RHEL互換であるため触る機会は多い筈なんだけど、多分バージョン7になってさらに強固になったんだと思う。
デフォルトインストールだとSE Linuxが有効。まずこれがめんどくさい。

途中というか、必要なAPやミドルウェアを入れる最後の最後になってようやく無効にしようとした次第。これは設定ファイルを書き換えて対応可能。
とりあえず確認.

# getenforce
Enforcing

これはSE Linuxが有効.
/etc/selinux/config
を書き換えて対応.

# SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled

てな感じか.
一応設定ファイル自体のバックアップはとっておいた方が良いでしょう.

そしてIPTableというか、GUIで言うところのファイアウォールがこれまた鬱陶しい。
多分CUIオンリーで動かしていたら投げていたかもしれない。まぁ、投げてはいられない状況ではあったけど。
これは必要なAPに対してPublicタブでどんどんチェックつけるくらいか。
無効化が許されるならそうした方がいいと思う.

# systemctl stop firewalld
# systemctl disable firewalld

一つ目のコマンドでファイアウォール停止.次で無効化ね.
今回はちょっと頑張っていたんだけど,まぁ,いいやということで無効化した.
実機の設定はプロがやってくれるんだし.
尚,今回の案件は外部接続しないので,プロの設定でもファアウォールを落としておりました・・・

そしてLVM。
これはCentOSに限った話ではないと思うけど、これのボリューム拡張が面倒くさい。いや,本当はいろいろ楽になるための仕組みだとは知ってるけど,後述の通りGUIツールで一発対応というわけにはいかないので.
仮想マシンとしてVirtualBoxを使っていて、それの拡張の手順。
つーか、8GB程度もあれば十分だと思っていたけど、GUI一式入れちゃったからか容量カツカツ。
単純にGpartedで拡張できるかと思ったんだけど、そうじゃないんだね。

インストールパス\VBoxManage modifyhd [対象仮想ディスク].vdi –resize 20480

の例で20GBまで拡張.
次にGpartedの起動イメージで起動.
未割り当て分をext4でパーティション作成して終了.
次にCentOSで起動.
コマンドを羅列するとこんな感じ.

# fdisk -l
# pvcreate /dev/sda3
# vgdisplay
# vgextend VolGroup /dev/sda3
# lvextend -l +100%FREE /dev/VolGroup/lv_root
# resize2fs /dev/VolGroup/lv_root

1.まずパーティション確認して,
2.パーティションセットを認識させて
3. ヴォリュームグループ名の確認.
4. 確認したヴォリュームグループ名に対して追加,
5. 拡張
6. 拡張
という手順です.

とりあえずこんなとこで.

Moments of Clarity

The Machinations Of Dementia

.comのAmazonCloudDriveの無制限プランが崩壊してしばらく経過しました.
私の契約はとりあえず8月まで無制限となります.
おおよそはローカルにデータのあるものしかアップロードしていないので,そのまま全部放棄してもよいのですが,CD-Rからまとめて吸い上げたものとかがそれなりにあるので,再DLの方が一応楽なので現在退避作業中.

これを困難にしているのが日本語ファイル名で,ある程度以上のサイズになるとDLできないという事象.
簡単に言うとそのサイズ未満であればACDからのファイル転送になるのですが,それ以上になるとAmazon S3にフォワードされます.
このフォワードする仕組みが2バイト,というかマルチバイト文字に対応していないためエラーになります.
なお,肝心のこのサイズですが,以前は10GB程度だったのが5GB,現在の私の環境では3GBまで落ちています.

ちょろっと試したところ日本語ディレクトリ名は大丈夫っぽいので,これでエラー分のリカバリをやってみるつもりです.
今はあんまりオカネないんでいきなりHDDの需要増はちょっときついんですが,15TBを1年契約するよりはまぁ,マシかなと.

The Machinations of Dementia

Raising The Mammoth

推奨されていないSSH経由,しかもVPNでの接続中にうっかりこのサーバのアップデートを実行してしまい,シングルユーザモードでしか起動しなくなってしまいました.
まぁ,データはバックアップもあったし,救出できたので損失はダウンタイムと復旧作業のコストということになります.
というか,そろそろハコの方を更新しようと思ってたのですが...
BayTrail世代,しかもセロリンということでナメきっていたのですが,意外にも処理能力的にはCherry TrailのATOMと遜色ないということがわかり,ハコの更新は最低でもApolloのPentium狙いということになりそうです.が,ここらへんの小型マシンって選択肢がないわけです.
まぁ,そんなにトラフィックがあるわけではないので,「そろそろ更改したい」以上の意味もないので,適当なパッケージングがでるまでちょっと待ちます.

以下,ちょこっと環境設定のメモを書いておこうと思ったのだけど,作業内容がどっかいっちゃったので,これでおわり.

Raising the Mammoth

Arisen New Era

さて,Evernoteのかなりな有料化も決まり,どうしたもんか,とか考えるここ数日です.
自分の使い方としてはWeb Clipperが9割以上を占めているわけで,この機能が抑止対象外であれば別にあんまり困らないかなぁ,と思っています.
まぁ,若干手間がかかるといえばかかりますが.

Web Clipper機能ですが,One Noteも実装されました.
が,なんか一つの画像ファイルとして扱われてしまうように見えます.
コピペできないのはちょっと使いにくいですね.
ただ,個人的には一番注目していたりします.

改めて自分で書いたテキストの共有方法って,クラウドどころかインターネットも通していないのが実情で,ここらへんも併せてEvernoteの有料化に乗ってしまうのも手かもしれないと考えてもいます.
つか,適当なクラウドストレージを固定で決めて使えば,それで済む気もします.
なんか,デバイス毎に使い勝手や容量の関係でめちゃくちゃなんだよね.

Arisen New Era

Dog Man

どれだけの人が必要かはわからないけど,自分用にOdroid C-1のメーカー配布Ubuntuイメージからデスクトップ環境を取り除くapt-getの内容.

apt-get remove xfce-keyboard-shortcuts xfce4-appfinder xfce4-cpugraph-plugin xfce4-dict xfce4-fsguard-plugin xfce4-indicator-plugin xfce4-mailwatch-plugin xfce4-mixer xfce4-mount-plugin xfce4-netload-plugin xfce4-notes xfce4-notes-plugin xfce4-notifyd xfce4-panel xfce4-places-plugin xfce4-power-manager xfce4-power-manager-data xfce4-quicklauncher-plugin xfce4-screenshooter xfce4-session xfce4-settings xfce4-smartbookmark-plugin xfce4-systemload-plugin xfce4-taskmanager xfce4-terminal xfce4-utils xfce4-verve-plugin xfce4-volumed xfce4-weather-plugin xfconf xfdesktop4 xfdesktop4-data xfwm4 xfwm4-themes xscreensaver xscreensaver-data xscreensaver-gl xubuntu-artwork xubuntu-default-settings xubuntu-desktop xubuntu-docs xubuntu-icon-theme xubuntu-wallpapers

Dogman

Close To The Edge

えー,悲しいので敢えて書きません.

RPi2が市場に出てから久しいわけですが,ちょっとOpenELECを入れてみました.
パフォーマンスに余裕があることから,mpeg2やVC-1のハードウェアエンコード/デコードキーをわざわざ登録しなくても余裕でこれらが再生可能だったので,一応記載しておきます.
昨今はDLNA対応機器も増えてきているので,わざわざこんなモノを利用するメリットは微妙ですが,利用フォーマットがめちゃくちゃな私の環境下では非常に有効です.

メディアセンターとしてRPi→RPi2のコンバートはメリットのあるものなんですが,mpdサーバとなると微妙なところなので,そっちはしばらくそのままかなぁ.

Fragile

Amazon.comの方ではAmazon Cloud Drive Unlimitedというサービスが始まっています.
文字通りですが,所謂無制限クラウドストレージです.
プライム登録していなくても利用可能です.
価格も年間60USDなので,Pogo cloudと変わらないです.
また,3ヶ月の無料試用期間が設けられているのも嬉しいです.

速度的には200GB/dayいくかいかないか,というくらいでしょうか.
あんまりちゃんと測ってないのですが,その程度を見込んでいれば期待が大きすぎるということもないでしょう.
また,One DriveやG Driveだとアカウント抹消に至るようなものを暗号化なしでアップロードしておいても大丈夫っぽいです.

現状ではあまり有用なバックアップツールがないため,定型化して運用しようとすると面倒です.
一応WindowsのエクスプローラにACDをマウントしてくれるツールなんかもあるんですが,直接大量のファイルを書きに行くとI/Oエラー,つまりマウント先を見失ってしまいます.
公式ツールはコントロールパネルにて「英語(米国)」を設定してから立ち上げないと日本のAmazon Cloud Driveにつなぎに行ってしまいます.
対象ディレクトリをACDのルートに配置すること,という条件はつきますが一応増分バックアップは可能です.

まだまだツール類の不備があるものの,価格とブランドネームから十分考慮に入れても良いサービスだと思います.
個人利用の範囲で比肩しそうなのはOne Driveくらいでしょうか.
とりあえず好調なので,いろいろ怪しくなってきているPogo Cloudの方は解約してしまおうと思っています.

次ページへ »