ワンボードPC

なんとなく購入.

幾つ目になるのか,のRPi.
つか,先日買ったのは壊しちゃったのね.
ということで3B+です.
上下に随分と大層なヒートシンク+ファンですが,だからといってそこまで高クロックが狙えるワケでもなく.ま,見栄え重視です.
Retropieでも入れようかなぁと思っています.

こちらはOrange Pi.グレードはPC Plusというヤツ.
あからさまに一番うまみのないグレードともいえます.
前述の通り仕事用に購入したRPiを冬休みの自由工作で壊してしまったので,似たようなフォームファクタで同じくらいのスペックで安いのでもあればいいかな,とか思って買ったもの.
とはいっても実働の機会はなく,さてどうしたもんかと思っている次第.

Raspberry Pi で Eclipse

お仕事です.
でも私物のRPiですw
ビルド環境とGitクライアント兼用でRPi上でEclipse動かせれば楽だなぁ,とか思ったら一応可能.
ただし,apt-getでgetできるのはIndigoなのでちょっと古めの情報が必要になります.
それとPleiadesを使いっぱなしだった身に,生のEclipseはちょっと無骨過ぎかも.

一応EgitとMavenのプラグインを入れました.
これは登録済のサイトから新規ソフトウェアのインストール,でインストール可能です.
日本語化は主にEclipseを日本語化しよう,という旨のサイトを参考にPleiadesのIndigo日本語化プラグインを導入します.
ただ,ここでえらいはまり方をしました.
だって,解説サイトの設定ファイルへの追加内容のスペルが間違っているんですもの・・・

使うところまではまだ行ってないというか,これ時間外労働だからねw

moode audio

RPi用のMPDディストリの一つ.
昔チェックした時は本当に活動に入っているのか不明なくらいの感じでしたが,最近ではMPDディストリを代表する存在になっているらしく.
なお,もう一方の雄はおなじみVolumio.

私はメインにRuneを使っています.
そもそもCD音源が99%を占めている場合,あんまり躍起にならなくてもちゃんと楽しめているので問題もないのです.
あとアップサンプリングに意味を見いだせないというのもあります.
そんな状況ですが,なんとなく新しい何かにしてみたくなり,moode audioをインストールしてみた次第.

まず一発目はRaspbian Stretch Liteのライトからやる従来の方法.
たぶんこっちのが文字通り最新があたると思いますが,えらく時間がかかります.
ホストが初代Bだからか,たまたまネットワークが遅いのかはわかりませんが,数時間で終わるかどうか,という感じ.
なお,こちらは現在もまだ#3-B CORE Packageのインストール中.
もう一方はユーザ待望だったらしい.imgで配布しているバージョンを使う方法.
4.3は.imgで配布しているので,それをSDカードライタで書き込んでやればあっさり環境ができてしまいます.
なお,7zipで展開するとダウンロードした.zipファイルの中の.imgファイルまで展開してくれるので,余計なお世話です.

後者の設定なんかをしていたのですが,オンボードというかピンヘッダ搭載式のDACやDDCも随分種類が増えています.
ウチにも2台ほどそんなのがありますが,それぞれ何を積んでいたかとか思い出すのも大変です.

The Forgotten Goddess

tumblrとかにでもおいておけば良いんだろうけど,なんとなくこっちに.

RPiで作るtorブリッジ.
リンク先にもあるようにOnion PiからWiFiルータ部分を除いたもの.
https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=36&t=54183
https://raspberrypi.stackexchange.com/questions/9430/simple-tor-gateway

Forgotten Goddess

THE MADNESS OF MANY

Retro PieでDCを一本だけ動かしてみましたが,ムリっぽいです.
ソフトウェア的に改善できるのか,そもそもハード的に無理なのかわかりませんが.
ムービーでカクつくのはまだしも,ビジュアルノベルみたいのでもレイヤーというかアルファチャネルが描画されないとかあります.
一応書いておくと,Z3735D機でのnull DCよりムービーはマシな感じです.
null DCでは一応VN系はプレイできそうです.ただ,なんのタイミングかわかりませんが,起動しなくなることがあり,そこらへんはまだかなぁ,と.

THE MADNESS OF MANY

Rise of the Tyrant

照明が暗いと気持ちまで落ち込む,とか思ってなるべく自宅の照明を維持してきたのですが,どうにも明るすぎる場所はしんどいのがごまかせなくなってきたので,アーバンライフ(w に突入しました.
間接照明と手元の直接照明にするというヤツです.
まだ直接照明が届いていないので,今は暗いだけです.

先日到着したRedmi Note 3 Proですが,そうそうにブリックと化しました.
たぶんSphinXってやつを焼いて失敗したっぽいです.
接点直結のEDLモードも試してみたのですが,結局PCがデバイスを認識できず,あきらめました.
まぁ,こういうこと込みの遊びだからね.
保護シートとか注文後なので,このままではちょっと残念なので,もう一台購入しました.
さすがに色だけは変えて,ブリックはグレイだったので,こんどはシルバーを.
こっちもDHL使ってるのだけど,ステータスが進まないのだ・・・

ちなみにEDLとはEmergency DownLoadの略.

GA – 芸術科アートデザインクラスも7巻で最終回となってしまいました.
残念ではあるのですが,美術部組とGA組が一緒になって話が進んでいく様を想像できないので,これはこれでよいのかな.
まだ読んではいないですが,購入済です.

もいっこストレスフルな話としては最近過食気味です.
ここ半年で確実に太ってます.
そんなわけでグルコマンナンなぞ買ってみました.
まぁ,これからなので効き目とかはまだわかりません.

考えるまでもないことですが,AndroidTvBoxのほうがRPiよりも安価です.
高いのもあるけど,安くないと意味がないので,安いのを買ってみました.
Kodi動かすだけですからね,大差ないと思ったんですよ.
ですが,RPiというかOpenElecのが全然優秀でした,という結果に.
RPi2がこれで一台あくかなぁ,とか考えたのですが,あまりに浅はかな考えであったようです.
調整とかして思った通りに動いてくれればいいんですがね.

ライズ・オブ・ザ・タイラント

GA-芸術科アートデザインクラス- (7) (まんがタイムKRコミックス)

Close To The Edge

えー,悲しいので敢えて書きません.

RPi2が市場に出てから久しいわけですが,ちょっとOpenELECを入れてみました.
パフォーマンスに余裕があることから,mpeg2やVC-1のハードウェアエンコード/デコードキーをわざわざ登録しなくても余裕でこれらが再生可能だったので,一応記載しておきます.
昨今はDLNA対応機器も増えてきているので,わざわざこんなモノを利用するメリットは微妙ですが,利用フォーマットがめちゃくちゃな私の環境下では非常に有効です.

メディアセンターとしてRPi→RPi2のコンバートはメリットのあるものなんですが,mpdサーバとなると微妙なところなので,そっちはしばらくそのままかなぁ.

Last Epic

消去法で選択されている状態のRPiのRune Audio
ちゃんと鳴ってくれています.
PiCorePlayerっつーのも一瞬インストールしたんですが,DLNAサーバから受信して再生するのね.
NAS4FREEにはDLNAサービスも用意されているのですが,今のところペンディングにしています.

RPi自体の電源にそこまで気を遣う必要があるかは微妙ですが,一応USB電源フィルタを作ってみました.
パラでケミコン3つと,ホット側にシリーズでコイルを2つ並べる,例のアレです.
ま,オーディオは信心が大事なのでw
ちゃんとしたUSBアイソレータをRPiとNFB11の間に入れることも考えたりはしています.

それよりも,アッテネータをNFB11とSA-50の間に入れる方が先かなぁ,とか.
別にギャングエラーが出るくらいボリュームを下げた状態でないと使えないというわけではないのですが,気分的にボリュームのつまみを12時くらいまであげて常用してやりたいと思っただけです.

Clinic For Dolls

プレイヤー側でいろいろ悩んでいるというお話し.

light mpd on BBBは交換になったNFB-11を認識してくれないと書いたのですが,Volumio on BBBにしても認識しないので,BBBとNFB-11(2014)の相性でしょうか.
そんなわけでプレイヤー側にBBBを使いたいという思いはスキル的にムリということになりました.

RPiの方のvolumioは1.5がリリースされたのですが,これもNFB-11を繋ぐとまともに動作しませんでした.
1.4に戻すとちゃんと動くんだよね.
1.4のまんま使うというのが,一番正しい選択なのですが,rune audioを入れてみました.
RPi用は比較的最近更新されたし.
Archベースというのが,ちょっと嬉しいです.
なんとなく,Raspbianベースより低負荷な感じがするので.

ところがこのrune audio,コンソールから何か操作をするたびにクラッシュしてくれます.
結局設定はWebベースのUIからやるしかなく,なんかちょっとおもしろくありませんが,まぁ,とりあえず稼働にまでこぎ着けたので,良いでしょう.

音質比較,というのが定番なんでしょうが,よくわかりません.
それよりSA-50への給電を秋月ACアダプタ+Little Susie II(25V)にした方がよっぽど効果ありでした.
秋月ACアダプタのみで鳴らしていないので,Little Susie IIがどこまで凄いかはわかりませんが,音像が一歩前に出てきた感じがして,良いです.

Tremulant

DAC/HPAが初期不良の修理から戻ってきました,というか新品交換です.
モノはAudio-gdのNFB-11(2014)というやつです.
故障箇所が直ったのは結構なんですが,何故かBBBのlight-mpdでは認識してくれず・・・
というわけで簡単な「mpdでのvolumio」にしてチェック.
これは問題なかったので,USBレシーバーのチップでも変更になったのでしょうか.
んー,オプションも付けてたんだけど,そこも反映されているかちょっと不安だなぁ.
音については別に文句ないんですが.

HPA部に期待していたのですが,こちらも結構.
特に低域の分離が良いのが個人的には嬉しいです.

PAはSA-50(w
別に買い換えの必要もなかったのですが,NFB-11がDAC+HPAなもので,PAだけで良くなってしまったため,適当なものを探した結果,わりあい中途半端な着地点になりました.
ニアフィールドでは十分です.
個人的には音の分離と定位が第一なので,そんな趣向も満たしてくれています.
それならフルバランスだろって話もあるんでしょうが,諸刃の剣なんですよね.

音関係でもう一つ.
とうとう買ってしまいました,のER-4です.
hf-5の外装がかなりみすぼらしくなってきていたことと,NW-M505(wとか買ったもんで,新しいインナーイヤーの購入を考えていて,もう一回hf5でもいいかなぁ,と思ってたのですが,ついつい.
とてもハイエンドインナーイヤーの一角を占めるとは思えない貧弱な外見ですが,まぁ,いいです.
聞き比べとはあんまり興味ないのと,いずれにしろBTで飛ばしたデータの再生ですしねぇ,ということで.
写真貼ろうと思ったけど,php-gdのインストールが漏れていたのに気づいたため,なしということで.

【並行輸入品】Etymotic Research エティモティック・リサーチ ER-4PT MicroPro Noise-Isolating In-Ear Earphone イヤホン (Black)

バルトーク:弦楽四重奏曲全集

次ページへ »