Emergent

先のエントリーで書いたChuwiのHi8ですが,なんとなくWindows10にしてみました.
ちょっといろいろやっていたところ,Android領域がなくなりました.
そもそもどうやってこの領域を潰そうかな,と思っていたところなのでこれは結果オーライです.

手順としては普通に32bit版のWindows10 InsiderPreviewをダウンロードして,インストールします.
ドライバ類が全然有効にならず,8に戻したり10にしてみたりを繰り返していたところAndroid領域がなくなりました.

ドライバ類の導入ですが,ここから一式ダウンロードしておきます.
別途,Double Driverというユーティリティを取得しておきます.
Windows10をインストール後はタップが誤爆連発なので,ポインティングデバイスやキーボードは繋いでおきます.
Double Driverでドライバーをrestoreします.
Chuwi Hi8 Touch installerの方は展開後,コマンドファイルを管理者権限で実行します.
SileadTouch Files For Chuwi Hi8の方は展開後,readmeの通りSystem32ディレクトリにコピーします.
再起動すると,一通りの機能が使えるようになります.
Windows10はUI系が結構変わっていて,ちょっと戸惑います.

Line6のGXが給電ハブのせいもあり,思うように使えないのが今の難点です.

Emergent

Black Widow

インカムなくなるなぁ,とか思いながらそうなる前に注文したCHUWI Hi8が到着しました.8インチでFHDで送料込みで15kというのはマズマズのC/Pではないかと思うわけです.
iwork7でもよいのですが,もうちょっとパフォーマンスの良さそうな小型のWindowsタブレットが欲しいと考えていたのと,上記のようにまずまずのC/Pだったので.

起動するとAndroidの方が起動します.
Androidの日本語化は簡単で,メニューから選択すればよいだけです.
Windowsへの切り替えはステータスバーの右側のメニューに「Switch OS」とかあるので,それで切り替えできます.
Dual OSって初めてだったので,ここで拘泥しました.

Windowsの方は一度リセットして,Englishモードでリストアします.
その後に日本語パックのダウンロードやセットアップをします.
チェック,インストールともに結構時間がかかります.ほっておきましょう.
「管理」タブの「システムロケール」も日本語に変更しておくことを忘れずに.

とりあえず本日はここまでかな.

Black Widow