Raising The Mammoth

推奨されていないSSH経由,しかもVPNでの接続中にうっかりこのサーバのアップデートを実行してしまい,シングルユーザモードでしか起動しなくなってしまいました.
まぁ,データはバックアップもあったし,救出できたので損失はダウンタイムと復旧作業のコストということになります.
というか,そろそろハコの方を更新しようと思ってたのですが...
BayTrail世代,しかもセロリンということでナメきっていたのですが,意外にも処理能力的にはCherry TrailのATOMと遜色ないということがわかり,ハコの更新は最低でもApolloのPentium狙いということになりそうです.が,ここらへんの小型マシンって選択肢がないわけです.
まぁ,そんなにトラフィックがあるわけではないので,「そろそろ更改したい」以上の意味もないので,適当なパッケージングがでるまでちょっと待ちます.

以下,ちょこっと環境設定のメモを書いておこうと思ったのだけど,作業内容がどっかいっちゃったので,これでおわり.

Raising the Mammoth

The Raven’s Nest

IFTTTという,わりあい便利っぽいサービスがあるのを知りました.
似たようなものが以前にもあって注目していたんですが,結局有料コースを選択しないとロクに使えないということがあり,また,使い道も限られていたので,利用をやめていたのですが,コレは結構簡単に楽しめます.
残念なのはPogo Plugが登録されていないということでしょうか.

ここで使っているWordpressのアップデートが通知されたので,アップデートしようとしたところ,FTPでのアクセスなんかを求められました.
wordpressのインストール先のオーナーと実行ユーザが異なると発生するらしいですが,web-rootにインストールしている場合はどうすんだよ・・・
まぁ,一番簡単な方法で対処しましたが.

Tremulant

DAC/HPAが初期不良の修理から戻ってきました,というか新品交換です.
モノはAudio-gdのNFB-11(2014)というやつです.
故障箇所が直ったのは結構なんですが,何故かBBBのlight-mpdでは認識してくれず・・・
というわけで簡単な「mpdでのvolumio」にしてチェック.
これは問題なかったので,USBレシーバーのチップでも変更になったのでしょうか.
んー,オプションも付けてたんだけど,そこも反映されているかちょっと不安だなぁ.
音については別に文句ないんですが.

HPA部に期待していたのですが,こちらも結構.
特に低域の分離が良いのが個人的には嬉しいです.

PAはSA-50(w
別に買い換えの必要もなかったのですが,NFB-11がDAC+HPAなもので,PAだけで良くなってしまったため,適当なものを探した結果,わりあい中途半端な着地点になりました.
ニアフィールドでは十分です.
個人的には音の分離と定位が第一なので,そんな趣向も満たしてくれています.
それならフルバランスだろって話もあるんでしょうが,諸刃の剣なんですよね.

音関係でもう一つ.
とうとう買ってしまいました,のER-4です.
hf-5の外装がかなりみすぼらしくなってきていたことと,NW-M505(wとか買ったもんで,新しいインナーイヤーの購入を考えていて,もう一回hf5でもいいかなぁ,と思ってたのですが,ついつい.
とてもハイエンドインナーイヤーの一角を占めるとは思えない貧弱な外見ですが,まぁ,いいです.
聞き比べとはあんまり興味ないのと,いずれにしろBTで飛ばしたデータの再生ですしねぇ,ということで.
写真貼ろうと思ったけど,php-gdのインストールが漏れていたのに気づいたため,なしということで.

【並行輸入品】Etymotic Research エティモティック・リサーチ ER-4PT MicroPro Noise-Isolating In-Ear Earphone イヤホン (Black)

バルトーク:弦楽四重奏曲全集

Sin Pecado

以前からの問題ではあったんですが,Wordpressの特定ファイルへのDoSアタックでサーバ自体が落ちるという事象が発生していました.
てか,ApacheはまだWordpress側だけで済むことが多かったんですが,nginxはwebサーバ自体が止まってしまうことが多く,対策してみました.
とは言っても,自分でどうこうできるわけではないので,検索してヒットした内容です.

if ($request_filename ~* xmlrpc.php) {
   return 403;
}

これを/etc/nginx/sites-available/defaultのserver{ ~ }の中,locationの前に記述しておけばとりあえずアタックによるサーバの負荷増大,およびそれに起因するサーバエラーは抑止できます.
ただ,他の管理APなんかだと直接ここを参照していることも多く,そういったツールを使うのであればもうちょっと考えないとならないでしょう.

上記はLIVA-64Gについて.
次はRPiについて.

Openelecが更新されていました.
4.2.0のstableです.
更新すると同時にビデオメモリの割り振りも変更しました.
128MBだったのを256MBに.
本家のフォーラムでも「これインストールマニュアルをちゃんと変更した方がいいんじゃね?」みたいなトピックになっていたので.
特に問題らしい問題もなく動作しています.
小さなファンでも取り付けようか,とは考えていますが.

Disclosure

常時通電マシンの置き換えとか.

mpd動作マシンをandbox44からBBB+light mpdへ移行.
ドキュメントでのバイナリへのリンクが古いことと,バージョンの桁数が違っていて,cifsマウントではまりまくったけど.
その下流のDAC+HPAやアンプも入れ替えたんだけど,DAC+HPAが初期不良らしく,残念ながらここらへんはまた後で.

andbox44の方はリビングに本体を移して,KENWOODのAVアンプに接続.
これでリビングにいるときも,わざわざテレビの電源を入れなくても音楽だけ聴けるようになりました.
まぁ,リビングはBOSEのスピーカーなんで音楽鑑賞には向かないんですけどね.

WWWサーバも初代Mac miniからLivaへ置き換え.
別にそのままでも良かったんだけど,いくつか理由があり交換.
・Mac miniのHDDが微妙に不調っぽい感じだった
・シリコンディスク化して使い続けてもよかったけど,なんとなく
・もちっとマシンパワーあった方がいいのかもしれない,とか思ったから
・Livaも新型になってストレージが64GBになったし
・wwwサーバをapacheからなんか別のモンに変えてみたかった
PPCというユニークなプラットフォームが我が家の一線からいなくなるのは残念ですが,まぁ,そんな感じで.

LivaのUbuntuインストールでも少しハマったのでその点だけ付記.
LivaはEFIオンリーなのとストレージがeMMCなので,Ubuntu,というかLinuxのディストリ自体もそれにあったバージョンとパーティションの切り方が必要.
x86系だからなんても入るだろうと思ってたら大間違いだったでござる.
現在インストーラが問題なく立ち上がるのはUbuntuのDesktop版.
FEDORAも上がるらしいけど,私のトコではだめだった.
# いずれも当然64bit only
また,パーティションは先頭にEFI bootのための領域を32MB以上確保してやらないとならない.
マルチブート環境を作る人がどれだけいるかわからないけど,そういうことするならさらに領域が必要になる.

この2点の注意がまず必要.
また,地味に問題なのがHDMI端子に出力がつながっていないとbootしてくれないこと.
boot後にHDMIを取り外すのは大丈夫.
リモートでrebootかける必要があるときとかはこの仕様を恨むことになりそうだ.

そんなわけでサーバ目的の利用なんだけど,Desktop版が入っているという残念仕様.
もうすぐ次ぎのバージョンも出るだろうし,エラい人が何かを考案してくれるかもしれないので,とりあえず現状はこれで我慢しておくことにします.

ECS 小型ベアボーンPC LIVA MINI PC KIT 64GBモデル LIVA-C0-2G-64G-W

The Dark Side of the Moon

WordPressを掃除しました。
なんか、どこかのバージョンでメディアファイルのアップロード先について、変更があったみたいです。
んで、現行では以前の通り、というわけで画像ファイルがアップロードできなかったようです。

Under Satanae

いきなりサーバ移行.
nginxやLighttpdなんかも試してみたんだけど,労多くして得るもの少なし.
まぁ,これらは多くのトラフィックをさばくための「軽い」であるからして,単にスペック不足なハコを助けてくれるモノではないわけで.

単純にローカルでテストしてみてそれほど大きな違いも感じないんだけど,とりあえず初代Mac mini(PPC)にUbuntuを入れてwebサーバとしてみました.
一応Apache2のCPU使用率を目視で確認してみたところ,40%に満たないくらいなので,少なくとも余裕はできたんじゃないかと思います.
また,なんでわざわざUbuntuなんだよってーのはWindows2000からリモートで使えると便利かなということと,GUIアプリで動かしておきたいものとかがあるので.なお,xrdpがちゃんとつながらなかったので,

sudo apt-get remove xrdp vnc4server
sudo apt-get install xrdp vnc4server xvfb lxde lxde-common

としてみました.

しばらく物理的な配置換えとかストレージの追加なんかで度々落ちることがあると思われ.

System X

先日より導入してみたGoogle Adscense.
これで収入が得られるとは思ってないけどね.
「やってみた」というだけ.
そんなわけでWordpressにもPluginを2つほど入れてみた.

(さらに…)

Shambala

このblog.なんかが載っているサーバを移行してみました.
とは言っても仮想マシンなのは変わりませんで,squeezeを新規に入れた仮想マシンを用意して,そこに引越ししただけです.
現行の仮想マシンに更新をかけてもよかったのですが,あった方が便利かもしれない,と思って入れたGUI環境が実はひとつも必要ではなかったこととかを考えて,CUIのみの新規インストールに踏み切りました.
これに併せて割り当てメモリも削減して,256MBとしました.

全部をMac miniへ,ということも考えたのですが,MPDのUSBサウンドデバイスの出力に躓き(w),また,箱を増やすのもなんだかなぁ,と後ろ向きな姿勢での決定です.

(さらに…)

: Ego

藍澤光さん情報.
というほどでもないですが,夏バージョンの壁紙がなくなっています.

WordPressのプラグインであるAmazon Reloaded for WordPressは現在対応作業中らしいです.
しばらく待ちましょう.

次ページへ »